*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホームの鹿島戦は何年間も勝っていないので、今回も厳しい戦いに
なると思っていました。
実はtotoは磐田と鹿島を両方勝ちにしてました(笑)

でも・・
鹿島の出来の悪さや決定力不足に助けられたとはいえ、
3-0勝利は良かった!
松浦の動がキレていましたが、今日は前田について。



最近ゴールどころか、シュートもまともに撃ってない状況に、
ジュビサポはイライラしてたと思います。
ここ数年間はクロスをボンンボン上げる攻撃ばっかりだったから、
前田の得点パターンもクロスにあわせる形が多くなりました。
元々スルーパスに走り込んだり、スピードに乗ったドリブルからシュート
なんてプレースタイルでもないです。

確かにサイドで駒野がボールを持ったら相手DFは前田を徹底マーク
しますよね。 でも・・2列目にドリブラーばいかりいる今年の布陣なら、
相手にまたドリブルかな? と思わせて単純にクロスを上げたり、
クロスかな?と思わせてドリブルやショートパスとか攻撃の
バリエーションを増やしていけば、前田のゴールも増えると思います。
今回の鹿島戦・・中でDF岩政のマークをかいぐぐって、ペクからの
クロスに合わせたゴール。
これも岩政からしたら、前田を少しだけ見失っただけだけど、ペクの早い
クロスに合わせられたわけで・・
まさかペクからあんなクロスがくる思っていなかったのでしょう。
前田は上手くてボールをキープできる技術があるから、他の選手が前田さんに
とりあえず預けておくか・・
というパスは極力ひかえるべきです。
黄金期は俊哉や名波が、中山なら足元のパスよりスペースに走りこませたり、
DFとGKの間のビミョーな所にパス出したりしてました。
もう少し他の選手が前田のゴールしやすいパスを意識してほしいと思います。
ラストパスを出す時は前田に出すイメージではなく、
中山さんに出す! というイメージでやればパスの精度が上がるでしょう(笑)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。